2014.03.26

【ココがすごいよ!海外アプリVol.9】キャンディに飽きたらお菓子を作っちゃお!Cookie Jam

こんにちは!トライフォートの牧野です(ΦωΦ)

2013年に日本でもローカライズされ、大ヒットしたイギリスのKingからリリースされたパズルゲームアプリ「Candy Crush Saga」。

12年4月にFacebookゲームとしてリリースされ、同年11月にアプリ版がリリースされると、世界66ヶ国のストアで無料総合ランク1位を獲得するほどの人気に!

ゲーム自体はパズルゲームアプリで、キャンディを揃えて消して決められた条件をクリアしてステージを進めるゲームです。

アプリの特徴としてFacebookのアカウントと連携し、ゲーム中で友人のプレイ状況の確認や友人にアイテムの付与やFacebookを通じて招待などができる点があります。

私自身も去年の春くらいにゲームを始めて、ゲームをプレイしていなくても音が聞こえてくるくらいにハマっていたのですが、パズドラやぷよぷよクエストのようにキャラクターの組み合わせや進化要素などがなく
ただただパズルをプレイするだけでいいところと、1プレイ数分で終わる手軽さがプレイしやすいのが良かったです。
そういったゲームのため、遊んでいるユーザー層は25~45歳の女性が中心だそうです。

そんな「Candy Crush」ですが、私の周りではログインしている人が減っていったり、ステージで詰まっていたりで活発的にプレイしている人が少なくなっている気がします。
とはいえ日本のApp Storeでは2014年になった今も無料ランキングでは~100位以内をキープしているほどまだまだ人気はあるゲームですが!

次なる「Candy Crush」になりそうなパズルゲームを見つけましたのでご紹介します!

名前は『Cookie Jam』!

アイコンの虹色のケーキをみればわかるように海外らしいお菓子が満載のパズルゲームアプリです。

開発はアメリカのSGN、現在はiPhoneアプリのみ展開中ですが、AndroidアプリやFacebookでの展開も制作中とのことです。

一度でも「Candy Crush」をプレイしたことがある方なら
「Candy Crushのお菓子版だー!」と思うくらいには似ているゲームです。

若干違う部分としては、ゲーム性と課金部分が異なります。
また2014年3月時点では日本語対応はしていないのでその点も異なります。

まずはどういうゲームかご紹介致します。

ゲームはFacebookアカウントと連携することができます。

ここはCandyと一緒ですね

3つ揃えてアイテムを消していくプレイ方法もほぼ同じです。


↑Cookie


↑Candy
ゲームをクリアしていきステージを進めていくのも同じです。

若干ゲームについては異なる部分があります。

Candyの場合は提示される条件をクリアしつつアイテムを消して目標スコアを目指していきますが、

↑Candy

Cookieは指定されたアイテムを消していき、
ケーキを作るという要素があります。

↑Cookie

やみくもにアイテムを消していくだけではクリアすることはできないのが特徴です。

Candyの場合は課金部分は追加ステージの開放、ゲームを有利に進めるためのアイテムの購入などです。

↑Candy
追加ステージの開放については、Facebook連携をしていた場合は、
Facebookの友だちに依頼すれば開放もできるので、課金しなくても進めることができます。

Cookieの場合はライフの追加をコインで購入できるほか

↑Cookie

ステージをクリアできなかった場合に、
もう少しプレイ時間を伸ばすのをコインで購入することができます。

↑Cookie

あとうまくアイテムを消した時の声がCandyの場合は英語で「Delicious」なのに対してCookieの場合はフランス語で「C’est bon」なのもちょっとした違いなのですが、本当にCandyの後釜を狙ってるパズルゲームだなーと思わされます。

Candy、Cookie共にFacebookのみでの共有しかできませんが
日本で展開していく場合はFacebookに次ぐアクティブユーザー数を持つTwitterであったり別のSNSとの連携ができると、もっとバズるのではないのかなと思いました。

ではでは!

トライフォートで働きませんか?

トライフォートで働きませんか?
弊社ではエンジニア、デザイナー、ディレクター、プランナーを随時募集しています。
ゲームやサービスが好きで、新しいことにチャレンジしたい、世界に強いインパクトを残したい、という人を探しています!
我こそは、という人は是非ご応募ください!